ペンタゴンチャートを中心に為替相場を予想するブログ


米長期債利回りに注意したい:2018年4月20日

米経済の好調で、米長期債10年の利回りは2.9%を超えました。

またもや危険レベルに近づきつつあり、金利上昇と経済好調の綱引きモード。

ハイテク株に売りやVIX指数の動きなど気になる点も

関連記事

日米共同記者会見は、為替に関しての問題なし:2018年4月19日

日米首脳会談での共同会見は、貿易に関して、懸念されていた通貨安の問題や具体的な貿易不均衡の言及がなく、安心感。

ポンペオCIA長官が北朝鮮の金正恩氏と会見という話もあり。

ECBは、年内の金融政策変更や欧州とロシアに対立などが材料。

関連記事

日米首脳会談による思わぬ発言に注意:2018年4月18日

日米首脳会談や貿易関係の統計に注目。変動幅が小さくなっており、どちらかに跳ねることも警戒。

シリア情勢は、調査の結果次第ながら、化学兵器の証拠が見つかるかどうか及び政府側が使ったかどうかの点は不透明になりそう。

ムニューシン財務長官は、貿易問題の件及びTPP参加の件を言及。

関連記事

日米首脳会談がいよいよ始まる:2018年4月17日

米英仏のシリア攻撃は予想の範囲内であったせいか市場に大きな影響は与えず。NY株価は上げました。

トランプ大統領は、中国とロシアの通貨安政策を非難しており、ややドル安。

日米首脳会談がはじまりますので、米ドル/円は、この結果を見守っている状況。

関連記事

米のシリア攻撃や貿易関係などでじりじりとした展開:2018年4月16日

米英仏によるシリアへの攻撃・ロシアへの制裁等で上値は重い。

一方、日米首脳会談及び貿易関係についての警戒感もあり。

新年度入りでの期間投資家のドル買いオーダーも出ており、107.50円を挟む展開。

関連記事