ペンタゴンチャートを中心に為替相場を予想するブログ


107円割れの米ドル/円はどこまで?:2018年2月23日

米ドル/円は107円を割り込む動きでトレンドは円高方向。米株価は持ち直している形。

FRBは、米株大幅下落を受けてどう反応するかまだ分かりません。市場は、ややタカ派方向を感じている様子。

関連記事

FOMC議事録で為替相場は乱高下。108円に壁あり

FOMC議事録は内容こそ、以前より大きな変化はないものの、金利面に注目されている今だけに為替相場は動きました。

利上げ確率は3回が37.2%、4回が22.7%と3回が優勢な状況。

仲値には、円売りが持ち込まれている様子で攻防が激しくなる可能性あり。

関連記事

107円割れて下押しか:2018年2月15日

NY市場でのドル/円は106.72円まで下落。米1月CPIは、前月比+0.5%の増加で米10年債の利回りは2.9%台に到達。

株式相場は、下落するも、結局は上昇で終了。株価調整が終わったとの話も出ています。

本日は、米国債償還・利払いの円転が本日の仲値から明日の仲値にかけて予想されている。少し弱い動きになりやすい。

関連記事

円高進み年初来安値レベルまで到達:2018年2月14日

日経平均の下げ、トランプ大統領の発言などで、円高へと進む昨日でした。リスク回避の動きがどこまで出るかまだ圧力は残っています。

関連記事

株式市場の荒れは一段落か。、引き続き株に注意 :2018年2月13日

先週の株は大幅な荒れ模様。ようやく落ち着きを見せつつもまだ乱高下しやすい環境にあります。

米国債10年金利は、一時、2.89%まで上昇を見せており、株価との綱引きが続くでしょう。

関連記事