ペンタゴンチャートを中心に為替相場を予想するブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米欧貿易摩擦によるドイツへの悪影響に注意:2018年6月25日

米国との貿易摩擦が上値への重し。米欧の貿易摩擦が深刻化しつつあります。ドイツ経済やドイツ車・ドイツ銀行などドイツに関するニュースに注目しておきたい。

トルコ大統領選挙では、エルドアン大統領が勝利宣言。

関連記事
スポンサーサイト

米経済指標に雲がかかったのか:2018年6月22日

米経済に少し曇り空が、フィラデルフィア連銀景況指数が前月を下回り、やや米経済に懸念が登場。

米国の経済に貿易戦争の影響が出るかどうか心配されています

ドイツ銀行の北米部門が、大きな損失を出したとの話もあり、欧州方面も危うい。

関連記事

FRB議長のタカ派発言で上昇の米ドル/円:2018年6月21日

米ドル/円は少し上昇。米10年債利回りの上昇等で、110.45円まで高くなりました。

ユーロは、ドラギ総裁のインフレ目標達成に楽観的な見通しなどから上昇。

米中貿易摩擦は足枷に。

関連記事

米中関税合戦。ゴトー日vs売りのバトル:2018年6月20日

米ドル/円は、110円を超えての動き。米中貿易戦争の懸念でダウが大幅安。

大豆も安く、かなり懸念が強まっています。最終的には落ち着くにしても、それまでの軋轢が心配されています。

ゴトー日での買いもあるものの。110.10円~20円に大幅に売りがあり、攻防激化か。

関連記事

米ドル/円は小幅の動き後に関税問題で急落:2018年6月19日

米ドル/円は、110円50円強を底に、小動き。日足や4時間足も小動きで、大きな方向感はない。

米国の利上げモードでのドル買いと米中の貿易問題による円買いが綱引きと化しています。

英上院では、EU離脱関連法案が否決。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。